国境のトンネルを超えると雪国だった。

「国境のトンネルを超えると雪国だった。」の有益情報をお届け!

団塊世代のリタイア日記 HIROSHI FUJISAWA

団塊世代 セブ島 アバカ&ラタン家具 サプリメント 田舎暮らし スローライフ

2012年01月13日

国境のトンネルを超えると雪国だった。



 

久しぶりのブログ更新となりました。

寒に入り、寒い毎日が続いています。
持病持ちの爺さんには少々こたえます。

私の住む鳥取の冬は雪がよく降ります。
この冬も山間部での積雪は半端ではありません。


黒尾峠.jpg



今をさかのぼること65年前、
 

亡くなった母は市内から車で小一時間も分け行った

山間部から、お隣の岡山県津山市に嫁いだ。

 

見合いをしたその日に即決で縁談が決まったそうです。

その理由は、冬に雪がないところで暮らしたかった。

戦中戦後の大正・昭和初期の雪深い山村で
暮らした乙女の願望であったに違いありません。

だから、父の風体や男ぶりが気に入った訳では

なかったのです。

 

県境の峠を越えたら、気候はガラリと
変わります。

この黒尾峠の頂上がトンネルになっていて
美作の国と
因幡の国の国境いになっている。

 

山陰と山陽側を分けるラインなのです。

雪深い山陰鳥取と晴れの多い山陽側は

気候
ばかりではなく、そこに住む人々の
気質まで変えている。

 

「国境の長いトンネルを抜けると
雪国であった。
夜の底が白くなった。」

 

川端康成の小説「雪国」の出だしの一節は
有名ですが、
私は毎年、その実感を体験するのです。



posted at 00:04
Comment(2) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:国境のトンネルを超えると雪国だった。
この記事へのコメント
たぬち庵さんこんばんは、「雪国の一節」はスキーに行って「関越トンネル」を通り何度も思い出しました。トンネルを抜けたところでいつもサイザルチェーンを付ける作業をさせられました。山陰と山陽も同じような状況にあることを感じさせていただきました。山一つで気候、気質までも一変してしまう自然は厳しいです。
Posted by ゴチ at 2012年01月13日 21:59
ゴチさん、こんばんは。
鳥取は関西圏でもあり、ずいぶん南側に位置しますが昔から雪深い所なのです。子供時分は母の実家がある村に雪が積もるのが嬉しくてよく冬休みの間は長居をしました。

その頃の峠の道は急坂でつづら折れになった道幅も細い道路でした。叔父の運転するマツダのオート三輪で峠越えをしたものです。今はトンネルもできて勾配も緩やかになっていますが路面が凍結して運転には注意が必要です。

今でも時々立ち往生している他県の車も見かけます。普通タイヤで通過しようとする猛者もいるようですが、下り坂に向かってしまうともう自殺行為としか思えません。

近頃の若い人たちは、タイヤチェーンなど自分で掛けたことが無い人がほとんどのようです。異常寒波などで国道でも除雪作業が間に合わないことがあります。そんなときのために4輪駆動車に乗っていても冬場はチェーンを準備しています。

今でも雪道でジャッキアップしなくてもチェーンを掛けることができる腕前は維持しています。昭和を生きてきた男の心意気と自賛しております(笑)

いつもコメントありがとうございます。
Posted by たぬち庵 at 2012年01月14日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay


商品紹介(1)
QRコード


情報商材・特選アイテム


■ アフィリエイト稼げるブログ作り入門

会社名.jpg
http://www.clover-trading.co.jp/


カテゴリ



edita.jp【エディタ】
QLOOKアクセス解析
Google Page Rank Checker
管理人室




東北関東大震災 緊急支援クリック募金
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。