生姜の効能(冷え性対策)

「生姜の効能(冷え性対策)」の有益情報をお届け!

団塊世代のリタイア日記 HIROSHI FUJISAWA

団塊世代 セブ島 アバカ&ラタン家具 サプリメント 田舎暮らし スローライフ

2010年12月26日

生姜の効能(冷え性対策)





寒さが日毎に増してきました。
今夜あたりから強烈な冬将軍がやってくるそうです。

鳥取地方も北風に雪がまじり
いよいよ本格的な雪のシーズンに入ります。

やがて辺りは、モノトーンの世界に包まれる。
花の少ない冬に、心を和ませてくれる蠟梅(ロウバイ)
の木が可憐なつぼみを付けました。


2010年FFC会倉敷.jpg




南天の実も真紅に染まり、
雪の降った翌日の晴天には、見事な一幅の絵になります。


南天.jpg



外は雪、空気は冷え上がり、ホウと吐く息までもが白い
寒い冬の冷え対策には、暖かい「しょうが湯」がいちばんです。


体が冷えているかそうでないかを、客観的に判断するには
体温計で計るとよくわかります。(至極、当たり前のことですが。)


風邪をひいて、自分では熱があるといって家内に計ってもらうが
37度を少し上回った程度では「平熱、平熱。」といってかまってはもらえない。


日本人の腋の下の体温は36.89±0.34度となっている。
私の体温は、概ね36.0度程度である。若い時分からやや低体温です。


友人でやはり病気がちな男の体温は34.5度台というのもある。
体が最もよく働くようになるのは、36.5〜37.0だそうです。


つまりそれより低い体温では、身体の機能が低下し、
様々な病気になりやすいということです。


私たちは普通、病気にでもならないと体温計のお世話にはなりません。
常から、体温を測り体調管理をしておくと自分の体のことがよくわかります。


実際、体温が1度下がると、代謝が約13%、
免疫力が3割以上も低下するといわれています。


35.5度の低体温が恒常的に続きますと、排泄機能が低下し
さらには自律神経失調症状やアレルギーになりやすいといいます。


35.0度の体温では、ガン細胞が最も増殖し易い体温だといわれています。
34.0度にいたっては、水に溺れて救出された人の命の瀬戸際の体温です。


健康な人でも、体温の低い朝の起きぬけ時は、身体が重くてしゃきっとしません。
通常、体温がいちばん高くなる午後からが最も活動的になるといわれています。


これもあたりまえのことだが、体温は人間の健康や、生命の維持にきわめて重要
であることがわかります。体温の低下はゆゆしき問題なのですねえ。


この体温低下の現象は、若い人にかぎったことではなく、現在に生きる
人々の全般にまん延しています。


冷え症」はひとむかし前までは、若い女性の専売特許のように思われていたが
今や、老いも若きも、男も女も日本中が「総低体温」時代なのです。


現代人の食生活と深く関わっているということだそうです。
「体を温める食べ物」ナンバーワンのしょうがは、必然的にブームになったと言えます。


しょうがについて、いままでの認識を一変させる番組が、この夏NHKの「ためしてガッテン」で
紹介されて以来、生姜ブームはさらに熱くなってきたようです。


皆さんも是非、ためしてみることをお薦めします。


鳥取市瑞穂地区の「しょうが畑

しょうが畑.jpg

今、話題のマルンガイ製品・通販サイトはこちら  ↓↓
 Umbber Puls ナチュラルだから 野菜だから 無添加だから。。。安心!
Umbber Pulus.gif


この記事へのコメント
book☆bankです。

ほんとに県内はグッと寒くなりましたね。
ダサいから嫌じゃーと言っていたパッチも平気になりました26歳です^^;

私もどうやら軽く冷え性のような気はしているのですが、危ない人になると、頭の温度が低くなって、日常生活に支障が出ることもあるようですね。。。

そういえば、たぬち庵さんは農業に何かご関係なのでしょうか?
農業関連の本を多数出品していたのですが、よく売れたので、やはり農業ブームが関係しているのかな・・・?と気になったもので。

農業関連のビジネスは面白そうなので、いつか首を突っ込みたいと画策中のbook☆bankでした^^
Posted by book☆bank倉吉 at 2010年12月29日 03:08
book☆bankさん、こんばんは。

ほんとに冷えますな。昔は若い男衆が冷え症なんて言わなかったんだけどね。今は低体温の若者が増えているそうです。しょうがはいいよ!。

私の主宰する「おもしろビジネス」グループには農業に関連する事業や農業者の方が大勢います。それぞれ様々なものを生産しているけど販売ルートが確立していません。

いいものを作っても、なかなか判ってもらえないし差別化して売る方法も知らないから、農協の一人勝ちが続いているんですよ。

農業ではなかなか家族は養えないからねえ。農業は見た目、簡単そうだがそんなもんじゃあないです。本職百性は長年培ってきたスキルとノウハウを持ってしても大変な事業です。

大自然との知恵比べだからねえ。よほどの根気と粘り強さがないと農業で成功なんてあり得ません。

本業を確立させ、時間を作って、手伝いやら趣味でやってみてから取り組んでいくことを勧めます。

頑張れ,book☆book タヌキ爺さんは応援しています。
Posted by たぬち庵 at 2010年12月30日 20:53
たぬち庵 様

book☆bankです。
あけましておめでとうございます^^

っと、、、鳥取県内は手放しで喜んでいられない状況でしたね。。。
雪の影響で、今だに知人が名和あたりで車に軟禁状態です。。。
新春早々、帰ってきたらねぎらってやらねばです。労をねぎらいにいってたはずなのに。

農業については、ごもっともだと思います。
シミュレーションしてみたこともありますが、とてもお話にならずに惨敗した経験がございます^^;
神奈川からこちらへ来て、やはり続けることが困難になり帰られた方などを知っています。テレビは流行りだブームだエコだ、と言って炊きつけますがね・・・

これから10数年後、農家の方が減ってしまい、耕作面積が大きく確保できそうになれば、勝負できるかなと考えています。なんなら、外国に出て行って作ると言うくらいの大志が有っても面白いですね^^
と、、、夢はここまで!

今年は今のヨチヨチな古本屋を軌道に乗せるべく頑張ります!
何とか事務所を構えるまでを目標に^^

それでは今年もよろしくお願いいたします。




Posted by book☆bank倉吉 at 2011年01月02日 01:21
book☆bankさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

あははっ、倉吉は大変な大雪でしたね。鳥取市も40センチくらいは積もりました。実家が津山なんでね。黒尾峠越えはどうかと思いましたが、私はオンボロとはいえパジェロなんで里帰り強硬しました。
智頭あたりへさしかかると、拍子ぬけするくらいの少ない積雪でしたよ。余裕の走りで雪道を楽しんでまいりました。初詣もすませて、帰ってきました。

ブックのビジネスも今年は大きく発展するといいですね。様子を見ながらまた他の中古ものというのがいいかもよ。しかも国内向けより海外を狙ってやる方がいいよ。今の国内向けというのは何しろ「安売り競争」に打って出るしか、中小零細の戦略はありません。

これからは何によらずグローバルで「薄利多売」の逆を志向しなけりゃあイケない。アイテムはいろいろありますが仕入れのコネや多少の軍資金が必要になるからねえ。じっくりと取り組んで行くことです。

ナントいったって、あなたには若さがある。やってやってやりぬくことが成功の秘訣です。中途半端はイケません。くじけそうな時、乗り越えた者だけが成功者になります。

頑張って下さい。興味深いおもしろいブログを書き続けることも成功への大きな武器になります。

では、また。 いつもコメントありがとう。  たぬち庵
Posted by たぬち庵 at 2011年01月02日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay


商品紹介(1)
QRコード


情報商材・特選アイテム


■ アフィリエイト稼げるブログ作り入門

会社名.jpg
http://www.clover-trading.co.jp/


カテゴリ



edita.jp【エディタ】
QLOOKアクセス解析
Google Page Rank Checker
管理人室




東北関東大震災 緊急支援クリック募金
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。