忘年会

「忘年会」の有益情報をお届け!

団塊世代のリタイア日記 HIROSHI FUJISAWA

団塊世代 セブ島 アバカ&ラタン家具 サプリメント 田舎暮らし スローライフ

2010年12月21日

忘年会





歳の瀬が押し迫ってくるこの頃になると、好不況にかかわらず
あちこちから、忘年会の誘いの声がかかる。


世間の不況の波は押し寄せるとも、今年一年の憂さを晴らし、
来るあたらしき年に夢と希望をこめて、年々ささやかにはなっても恒例です。


山陰鳥取の忘年会の定番といえば「カニすき」。

2010年FFC会 004.jpg




今年も「FFC農業グループ」のリーダー茶谷健二さんのお声がかりで、市内で美味しい
野菜作りに取り組むグループの忘年会です。


今年はグループの米や野菜を購入して下さっている方たちも、大阪や
神戸から参加しています。



気楽な席で、旬のかに料理を腹いっぱい楽しめる機会はなかなかありません。
そうおっしゃっていました。


FFC会 忘年会.jpg



会費は一人「2千円」ということですから、ずいぶん節約した忘年会
と思いきや、会場の地区の公民館の座敷にはいってみてから驚きました。



冬の日本海でとれたばかりの「ズワイカニ」。新潟や富山沖でとれたものは
越前カニ」といいますが、鳥取、兵庫県沖のものは「松葉カニ」といいます。


山陰・松葉カニ.jpg




「腹いっぱい食べて下さい。」とカニすき用も山盛りです。

海の幸.jpg

カニすき.jpg



焼きカニ用にも大きなカニが用意されています。


焼きガニ.jpg




焼きカニ1.jpg




皆さん自慢の畑から採れた野菜で作った煮物や漬物なども並びます。

カニ味噌その他.jpg




最後の仕上げは何と言っても、カニ雑炊です。一足はやく餅も入れた、雑煮も美味しかった。


カニ雑炊.jpg



遠方より友来る。新鮮な山の幸、海の幸が美味しくいただける
「田舎暮らし」もまた楽しからずやと相成りました。


人気ブログランキングへ




【 ビジネスリンク 広告欄 】

アジアン家具ショップ・FOUR-REAF

山下久美子.jpg
リゾートの島・セブの工房でひとつひとつに心をこめたハンドメイクの作品です。
300年にわたるスペイン植民地時代から受け継がれてきた、巧みな伝統技術。
伝統のデザインと斬新な若者向きのデザインのものも手掛けています。
大量注文・オーダーメイド家具も承っています。お気軽にご相談ください。
アジアン家具の店・Four−Leaf 店長 山下久美子 
 



four-leaf.jpg


ラタン応接セット.jpg


posted at 20:08
Comment(4) | TrackBack(0)
カテゴリー:地域情報
エントリー:忘年会
この記事へのコメント
山陰といえば親ガニでしょ〜と強がっては、
松葉ガニに手が出ないbook☆bankです^^;

焼き蟹に、雑炊がむちゃくちゃおいしそうですね〜^^

出世して食べられるように頑張りま〜すw
Posted by book☆bank at 2010年12月23日 01:42
book☆bookさんこんばんは。

いやいやbookさん、松葉カニよりいちだん旨いのが親ガニです。
私は親ガニが一番だと思っています。湯がしたてのやつを
パクッと割って赤いミソの上に醤油をタラりと落して食べます。

これはもうなんといっていいのかほんとうに最高ですな。
また、甲羅の上からブツッと切って、味噌汁にいれ、
アツアツのご飯でいただくというのも何とも言えないほど美味いな。

松葉ガニなどでこれをやっても比べもにはなりません。
冬の朝、外は雪、家族で暖かい親ガニの大根汁、
山陰鳥取に住んでいる者の醍醐味です。

古本ショップがんばっていますね、元気にやろうぜ!
いつもコメントありがとう。   たぬち庵。
Posted by たぬち庵 at 2010年12月23日 21:33

たぬち庵さん、こんにちは。

もう・・・涎が・・・出てしまいます。

凄く美味しそうで・・・蟹、食べたいよぉ〜・・・です。

素晴らしい忘年会なんですね・・うらやましいです。


ところで、フィリピンの果物でグヤバノというのがありますが
これが物凄く身体に良いそうです。

私の知り合い、肺がんと脳腫瘍の大手術で死に掛けましたが
今や超元気で、先日、うちに遊びに来てくれました。

その時に、グヤバノの実は勿論、
葉も煎じて飲んでると言ってました。

すっごく元気そうで、私の方が病人モードでした。(苦笑)

髪も真っ黒になって・・・染めたのかと聞いたら
グヤバノを半年くらい続けていたら黒くなったとか・・・

本当かどうか・・・・????

グヤバノの効果、ご存知でしたか?


生姜、マルンガイに続け!ですかね?
Posted by Sugar at 2010年12月26日 17:44
Sugarさん、こんばんは。

あははっ、フィリッピンには信じられないようなサプライズがたくさんあります。グヤバノは「幻の果実」といわれとても希少なものです。フィリッピンではこれのジュースも売っています。

会社の名前は忘れましたが、輸出もされているようですよ。多分その方の話は本当のことだと私は思います。

カビテの知り合いの家の庭にもあります。私は立ち寄るごとに果実を食べます。時によっては熟してないこともあるのでしょうが私が行くときはなぜかいつも、熟した実があるのです。

ひょっとしたら通年、実がなり続けているのかも知れませんねえ。
マルンガイやグヤバノを育ててサプリメントなどを開発商品化できればおもしろい事業になりますねえ。やってみたいですねえ。

鳥取沖合から揚がるカニは「松葉ガニ」というんですが毎年11月の終りから解禁になって冬の風物詩になっています。高価でしょっちゅう食卓には上がりませんがとても美味しいです。

この「松葉ガニ」はすべてオスで大きいのは足を延ばすと50cmにもなろうかという大きいものもいます。もちろん一匹は1万円以上もします。

メスの方は「親ガニ」といってすべて卵を抱いています。地元の人は1匹300円程度のこちらの方を好みます。値段の方も格安なのですが味も格別なのです。

小さいので食べにくいですが、湯がしてよし、汁ものにしてよし、甲羅の中にある赤いカニみそは最高の食感と味で温かい炊きたてのご飯にかけ、きざみねぎなどあしらいカニミソ丼は一度味わうと忘れることはできないでしょうな。書きながら私も涎がでてきそうです(笑)

また来月下旬ころにはお邪魔できそうです。今度はゆっくり時間がありそうですから楽しみにしています。

ブログいつも楽しませていただいています。お店にくるお客さんの様子などは、事情が多少なりとも判っているものが読むと、この上なく愉快で楽しいものです。抱腹絶倒、夜中に大笑っていうのもありましたよ。

では、また。 いつもありがとうございます。 たぬち庵
Posted by たぬち庵 at 2010年12月26日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay


商品紹介(1)
QRコード


情報商材・特選アイテム


■ アフィリエイト稼げるブログ作り入門

会社名.jpg
http://www.clover-trading.co.jp/


カテゴリ



edita.jp【エディタ】
QLOOKアクセス解析
Google Page Rank Checker
管理人室




東北関東大震災 緊急支援クリック募金
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。