団塊世代 セブ島 アバカ&ラタン家具 サプリメント 田舎暮らし スローライフ

2010年10月26日

マニラのナイトライフ

ポニータパラダイス.jpg


一般にツーリストベルトと呼ばれるエルミタ地区の一角にある
カラオケクラブ「ポニータ・パラダイス」の美女たち
です。




マニラといえばタイのバンコックと並びナイトライフの充実した
街として名を馳せている。

メトロ・マニラの花町界隈で働く女性の数は数万人はゆうに超える
でしょう。

日本で私なんぞのおっさんが「今度、フィリッピンに行く。」
というと、聞く人はまず女が目的と察知しニヤリとします。

フィリッピンについて良く知らない人は、なんでわざわざ危険な
ところまで出かけて女遊びをするのだとよく「説教」をいただきます。

特にひところよく流行った「フィリッピン・パブ」にうつつを抜かしていた
旦那衆をお持ちのご婦人がたは「フィリッピンへ行く。」など「とんでもない!」

日本ではフィリッピンといえば、残念ながら「危険」と「女」の
このふたことですべてかたづいてしまうようです。

フィリッピンのある一面だけがあまりにも大げさに伝わっていますが
それがすべてではもちろんありません。

とはいえ、フィリッピンを訪れる男性の多くが女を動機としているのは
まぎれもない事実に違いない。

これはフィリッピンパブなどで知り合って結婚した奥さんや恋人も
含めての話ですが。

かつて滞在者8万人を超えるといわれたジャパユキさんたちは、日本とフィリッピン
の文化経済交流に大いに貢献したといえるでしょう。


白砂の浜辺を歩くフィリピーナ。
大都会を離れて、田舎住む娘さんたちはとてもシャイで可愛いらしい。
日本人の爺さんが話かけても顔をしかめて逃げることはない。


白砂の浜辺の乙女たち.jpg




近くて、国際的な摩擦もなく日本に対してとても友好的な国、フィリッピン。
いままさにアジアの時代が始まろうとしています。

これからは真に国と国がお互いに認め合い、双方の国民に利益がもたらせる
ような関係をさらに深めていって欲しいと願っています。




少し余談が長くなったが、メトロマニラのナイトライフ。歓楽街は大きく分けると
ツーリストの行くところとフィリッピン人が遊ぶところとに大別されているようです。

地元の人たちの遊ぶところの代表的なところはビアハウス、ショークラブや
ヘルスクラブなどです。日本でいうところの置屋(レディスアパティーメント)もあります。

置屋レディ達は夜のお供はもちろん、旅の案内から気に入れば滞在中身の周り
の世話までガイドとしても優しく案内してくれますからツーリストにとっても利用価値は高い。


アメリカ軍駐留時代がもたらしたと思われるゴーゴークラブも数多くあります。



もうひとつのほう、日本から直輸入されたカラオケクラブは
日本のフィリッピンパブ同様、表立った売春はしていないようですが。


実はこれが多くの日本人がフィリッピンにはまってしまう原因なのではと私は見ています。
フィリッピンのイメージを悪くする女性がらみの問題を引き起こす原因がありそうです。


日本人旅行者は必ずといっていいほど立ち寄ります。気軽に普通のフィリッピン女性と
出会い、本気の交際に発展する場として機能しているように思われます。


まだ都会ズレしていなくて、田舎から出てきて都会の大学に通っている娘さんなども
学資稼ぎのために働いていることも多い。


カラオケクラブなどで働くフィリピーナは、決して豊かなくらしはしていません。
あわよくば優しい外国人、とくに日本人と巡り合って結婚したいという願望がある。


そうすれば兄弟たちの学資や、年老いたお母さんの薬代を払うことができると
彼女たちは毎夜、やさしい日本人からの指名を待っているのです。


日本にジャパユキとして渡り、日本人と結婚して幸せになったフィリピーナは
沢山います。話は伝説となり「日本人は優しくて、みなお金持ち。」ということになる。


貧しさから抜け出し、自分も幸せになりたいという思いは、戦後の日本の時代と共通していて
今のフィリッピンのひとつの「社会現象」にもなっているように思えます。


ミンドロ島に住む三人の娘さんたちは日本で働くことを夢見ています。

ミンドロ島マンサライ村.jpg


-----------------------------------------------------------------------------------------

初めて渡比する友人のシラモトさんへ、

マニラのナイトライフもご案内します。
以上はザーッとマニラのナイトライフの私の知っている範囲内の情報です。
くれぐれも普通のフィリピーナとの出会いには心して下さい。
すぐにでも結婚したい女性が、まあ軽く10人程度は見つかりますから。(笑)
まだまだ語り尽くせませんが、あとは旅の道すがらお話します。 たぬち庵

-----------------------------------------------------------------------------------------



  

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ




【 ビジネスリンク 広告欄 】

アジアン輸入家具のお店 →【Four Leaf】span>
フォーリーフ宣伝画像.jpgリゾートの島・セブの工房でひとつひとつに心をこめたハンドメイクの作品です。
300年にわたるスペイン植民地時代から受け継がれてきた、巧みな伝統技術。
伝統のデザインと斬新な若者向きのデザインのものも手掛けています。
大量注文・オーダーメイド家具も承っています。お気軽にご相談ください。
アジアン家具の店・Four−Leaf  店長・山下久美子


posted at 19:49
Comment(3) | TrackBack(0)
カテゴリー:地域情報
エントリー:マニラのナイトライフ
2010年10月19日

鳥取ファイヤー米


実りの秋もかけあしで過ぎ去ってしまいそうです。
朝夕はめっきり冷え込んできた鳥取市です。

私の友人の多くは農業と関わっていて収穫の秋には
ご自慢のいろいろな収穫物をいただきます。


美味しい鳥取のお米。「大仁田厚のファイヤー米

ファイヤー米.jpg



先だってもずいぶんと美味しいお米を、昔懐かしい俵でいただきました。
「コシヒカリ」に「ひとめぼれ」、語呂で連想してもずいぶん
つややかな気が致しますが。

新米はいつの年のものも、とても美味しいご飯が炊けます。
私は子供時代は農家で育った。秋の米俵造りを懐かしく思いだします。
家族がいちばん笑顔の多かった収穫の秋。五穀豊穣の感謝と祈りの秋祭り。


元参議院議員でプロレスラーの大仁田 厚さんと
私の「おもしろビジネス」グループで農業機械販売と


農作業請負会社を経営している(有)「大志」の谷口健二社長が
共同で育てたお米です。

コンバインで稲刈りをする 大仁田 厚。

稲刈り.jpg



インターネットで全国販売もしています。
ブランド名は、大仁田さんがリング上で「ファイヤー!」と
雄たけびを上げるのにちなんだ「鳥取Fire米」。

大仁田さんは「ブランド米として、全国にPRしていく。」と言って意気込んでいる。
大仁田さんが雑誌の企画で鳥取を訪れ、谷口健二社長と意気投合し

大仁田さんの「自分も農業をやりたい。」との思いにこたえ共同で米作り
をすることになった。

鳥取県東部地方に約10,000平方メートルの
農地を確保して、今年の秋が初めての収穫です。


6月はじめに「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」を植え、7月には田の草取り
をするなどたびたび来県し、同社社員と一緒に農作業に汗を流した。

この日、稲刈りにやってきた大仁田さんは「大自然のなかでの農作業は楽しかった。
来年以降は野菜つくりにも挑戦する。」と笑顔を見せた。


この男、何をやらせても、一生懸命です。いい顔しているねえ。


リングで戦う姿を連想させます。

大仁田厚.jpg


収穫の夜、私もお招きしていただいて、「居酒屋サブちゃん」でしこたま
呑んで騒いで大いに語り明かしました。

 (有)大志 の谷口社長はアジアを拠点に農業機械の貿易と農業をしたいんだそうです。
またまた大仁田厚と組んで何やら動きがありそうです。

まあそこで、「たぬち庵爺さん」の出番がありそうな気配がしてきました。
お薦めしたのが下の写真のような農業はいかがですかな。


カラバウ(水牛)で農業、これもアジアの農業の実態なのです

ミンドロ島農業風景.jpg





  

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ



【 ビジネスリンク 広告欄 】

アジアン輸入家具のお店 →【Four Leaf】
フォーリーフ宣伝画像.jpgリゾートの島・セブの工房でひとつひとつに心をこめたハンドメイクの作品です。
300年にわたるスペイン植民地時代から受け継がれてきた、巧みな伝統技術。
伝統のデザインと斬新な若者向きのデザインのものも手掛けています。
大量注文・オーダーメイド家具も承っています。お気軽にご相談ください。
アジアン家具の店・Four−Leaf  店長・山下久美子

posted at 20:12
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:社会
エントリー:鳥取ファイヤー米
2010年10月10日

癒しの空間



空気が澄み渡り涼しいこの時期は、野山や川べりの散歩が楽しみです。
ちょっとした自然の移ろいに、感動し癒しを感じているこの頃です。



リラックスする方法というものには個人差があって
人それぞれに違っていていいものだろうと思う。

私がかなり効果があって、知人たちにためしてみろよと
奨めているものがある。


「自然に触れる。」ただそれだけで効果はすばらしい。
この場合、自然は景色のいいところや名所である必要はない。


四つ葉のクローバー.jpg



「そのへん」でいいのである。「そのへんに自然がない。」
という都会に住んでいる方も、街路樹やその周辺のちょっとした
緑があるところで十分に効果は得られる。

ともすると見過ごしてしまいがちなところに思いのほかの
自然に囲まれていることが多い。


ガーデニングを楽しむ方は愉しみながらこうした場所を
自分で造ります。手をかけるから全くの自然というわけではないが。

まずはそういった緑のなかに、自分の日常接するなかの身近な
「なじみの場所」を見出すのです。

いつもの場所、いつもの緑。だがある時ふと気ずくでしょう。
今日はいつもの草に、小さなコメ粒ほどの蕾がついていることに。


サギゴケ.jpg


目を凝らしよく見ると、かたわらの地面にアリの行列をみつける。
蕾は日ごとに膨らみ、またあしたもそこを訪れるのがたのしみになります。

やがて小さな花が咲いたら、蝶や蜂の姿も見かける。
家から出て、ほんのわずかのところで人間以外の生き物たちが

思いもよらぬドラマを繰り広げている。その様をみつめていると
不思議にわれを忘れ、時の流れがゆったりと感じられてくる。


小魚の群れ.jpg


そうして生きている草花や生き物たちに触れたあとは
奇妙なほど気持が明るく、楽しくなってきます。

きっとあなたも、緑やいきものたちに「癒されている。」と実感するでしょう。
自然界の「ゆったりとした時のながれ」に心が同調してしまうからなのでしょう。

高価な機械仕掛けの道具や、押しつけがましい音響効果も必要ありません。
みじかにあるちょっとした自然と緑と生き物にこそ「心の癒し」があります。

野生のパイナップル.jpg



拙い爺さんブログ、お読みいただきありがとうございます。
下の応援ボタンをクリックして頂くと励みになります。
   ↓↓↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ




【 ビジネスリンク 広告欄 】


アジアン輸入家具のお店 →【Four Leaf】span>


フォーリーフ宣伝画像.jpg

リゾートの島・セブの工房でひとつひとつに心をこめたハンドメイクの作品です。
800年にわたるスペイン植民地時代から受け継がれてきた、巧みな伝統技術。
伝統のデザインと斬新な若者向きのデザインのものも手掛けています。
大量注文・オーダーメイド家具も承っています。お気軽にご相談ください。

アジアン家具の店・Four−Leaf  店長・山下久美子

posted at 19:50
Comment(4) | TrackBack(0)
カテゴリー:エッセイ
エントリー:癒しの空間
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay


商品紹介(1)
QRコード


情報商材・特選アイテム


■ アフィリエイト稼げるブログ作り入門

会社名.jpg
http://www.clover-trading.co.jp/


カテゴリ



edita.jp【エディタ】
QLOOKアクセス解析
Google Page Rank Checker
管理人室




東北関東大震災 緊急支援クリック募金
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。